債務整理


利息について・債務整理全般

債務整理とは、借金を整理する手続のことで、任意整理、個人再生、破産の3つの手続があります。債務整理をすることで、貸金業者の高い利息(上限29,2%)を利息制限法に基づき計算し直すため(15~20%)、払い過ぎたお金が戻ってきたり、支払わなければいけない金額が減ったりします。



任意整理

裁判所は関与せずに、貸金業者との話し合いで債務整理をする手続です。残金が残る場合は、本人の収入や生活状況等を考慮しながら返済計画を立て、一括または分割払いの交渉をします。払い過ぎになった場合は取り戻しの交渉をします。



個人破産

裁判所の手続によって、個人や自営業者の方の借金の支払いを免除してもらう手続です。住宅などの財産を手放さなければならないというデメリットがあります。



法人破産

会社を破産する手続です。破産手続を行うと管財人が選任され、会社が所有している財産はすべて現金化され、財団に組み込まれたり債権者に配当されることになります。



個人再生

裁判所の手続によって、現在の借金を減額する手続です。基本的には、負債額は1/5(最低100万円)に減額され、その減額された金額を3年間の分割で支払います。住宅を手放さずに債務整理ができるメリットがあります。(ただし、住宅ローンは減額できません)