裁判・調停


民事裁判手続全般

私たちが生活していく中で生じる様々な争いごとは、訴訟や調停、強制執行など裁判所の手続を通して解決することができます。



民事訴訟

民事訴訟には、通常訴訟・手形小切手訴訟・少額訴訟などの種類があります。司法書士が代理人として訴訟ができるのは、簡易裁判所で裁判ができる140万円以下の事件です。140万円以上の事件は、代理人にはなれませんが、書類作成、訴訟支援等はすることができます。



民事調停

民事調停は、金銭債権の催促や家屋明渡しなど身近な紛争について、裁判官と一般市民から選ばれた調停委員2人以上によって、当事者双方の話を聞きながら意見を調整し、問題を解決します。普通の裁判と比べて費用が安く、意見を言いやすい手続です。



家事調停

家事調停とは、家庭裁判所が、離婚や遺産分割など家庭に関する事件について行う調停のことです。裁判官と一般市民から選ばれた調停委員2人以上によって、当事者双方の話を聞きながら意見を調整し、問題を解決します。普通の裁判と比べて費用が安く、意見を言いやすい手続です。



民事執行

民事執行手続とは、債権者(例えば、お金を貸した人)が債権を回収できるように、債権者の申立によって、国が、債務者(例えば、お金を借りた人)の不動産や動産、債権などの財産を差し押えてお金に換え、債権者に分配する手続です。