相続・老い支度(遺言・任意後見)


相続-人の死亡と相続開始

人が亡くなると相続が始まります。亡くなった人の現金や預金等の財産は相続人に引き継がれることになりますが、誰が、どれだけ引き継ぐのか、借り入れがある場合はどうなるのか、相続放棄などについても検討する必要が出てきます。



相続-遺産分割

亡くなった人の遺産について具体的に分けるにあたっては、「遺産分割」が必要になります。この遺産分割は時に対立が激しくなり、骨肉の争いになることもあります。



遺言

遺言は死後の自分の財産について、誰にどう相続させるかを生前に書面で残しておくものです。遺言は法律で決められたとおりに作成しなければなりません。



任意後見制度

将来、自分で財産を管理できない状態になった場合に備えて、元気なうちに信頼できる人に将来の財産の管理を任せる契約をすることができます。実際に、管理できなくなった場合には、任せた人が「任意後見人」として、本人の財産を管理することになります。